おせち・三段重・四段重・五段重・構成

おせちの三段重と四段重と五段重の中身の構成について

おせちの三段重と四段重と五段重の中身の構成について紹介致します。

 

重箱 三段重 四段重 五段重
一の重 「祝い肴(ざかな)」「口取り」 「祝い肴」「口取り」 「祝い肴」
二の重 「酢の物」「焼き物」 「焼き物」 「口取り」
三の重 「煮物」 「煮物」もしくは「酢の物」 「海川の幸」または「焼き物」
与の重 「酢の物」もしくは「煮しめ」 「煮しめ」または「山の幸煮物」
五の重

 

祝い肴(田作り 黒豆 数の子)
口取り(おせちのかまぼこ・きんとん・だて巻き・昆布巻き)
四段目の四(し)は「死」を連想させて縁起が悪いので「与の重(よのじゅう)」と呼ばれている
五の重はカラになっている場合が多いようです。
(カラになっている理由は、将来さらに家が栄えて富が増える余地があるという意味合いがあります。)

 

重箱